オリジナル刺繍・名入れ刺繍など刺繍のことなら
刺繍ファクトリーに1個からお気軽にお問い合わせ下さい。

Blogブログ

立体的な3D刺繍!キャップに盛り上がった刺繍をしてみました

有名野球チームのロゴが浮き上がっているキャップ。

アパレルショップで販売している立体的な刺繍のキャップ。

あれは3D刺繍と呼ばれており、

帽子加工によく使われている盛り上がった刺繍方法です。

 

お店で売られているのは見たことあるけど、

自分だけのオリジナル3Dキャップを作れるところってあるのかな…?

通常の刺繍と違うからハードルが上がるかも…?

 

そんなことはございません!

刺繍ファクトリーでは、自社に帽子専用刺繍枠を備えておりますので、

通常刺繍、3D刺繍のどちらも対応しております。

個人様向けの小ロットの生産から、イベント物販グッズのような大ロットもおまかせください!

 

この度は、3D刺繍の良さを製作風景も交えながらご紹介します!

 

3D刺繍とは

ぷっくりしたシルエットの刺繍、かわいいですよね。

よく野球チームの帽子でも使用されている3D刺繍は、

刺繍したい素材(キャップ、生地等)のと刺繍糸の間に少し硬めウレタン材を挟み込んで刺繍します。

 

ウレタンが入っていることで、ロゴがぷっくりと膨らみ、立体的な刺繍になっています。

刺繍を重ねて、立体的にしているのではなく、ウレタンが入っているから、

物理的に立体的になっているんですよね!

これが3D刺繍の仕組みです。

 

 

3D刺繍キャップの製作現場をレポート!

 

先ほど3D刺繍の仕組みをご説明しましたが、

次は文字で説明するより実際の製作現場をご覧いただきましょう!

 

①3D刺繍用のデータを製作

AIデータや画像などのデザインを元に、3D刺繍用にデータを専用ソフトで製作します。

盛り上がる分の密度を考えたり・・・

盛り上がる分の糸の振り幅を考えたりと・・・通常刺繍とはデータの作り方が異なります。

<

ここにデータ製作の職人技が光っています!

 

②ミシンで刺繍

キャップをセットの時にウレタンを刺繍したいところにのせ、その上から刺繍をします。

ウレタンは針と糸を通しますので、プスプスとウレタンに針を刺しながら刺繍がされています。

 

③仕上げ

刺繍が終わると、縫い目に沿ってウレタンをペリペリとはがしていきます。

細かいところはピンセットでとって丁寧に仕上げます。

そして、剥がした断面を滑らかにするために

スチームアイロンでウレタンを縮ませつつ、3Dフォームをつぶさないように仕上げます。

 

④完成!

見た目が盛り上がっているので、陰影が出て刺繍が目立ってかっこよく仕上がります。

 

最後に

3D刺繍はこのようにして、丹精込めて製作しております。

通常刺繍よりハードルが上がるように感じる3D刺繍ですが、もっと身近に感じてもらいのです!

どんな刺繍をしたい?凹凸感のあるかっこいい3D刺繍にしたい!と発想を広げてもらうことが出来れば幸いです。

あなたも所属しているチームの名やロゴを、3D刺繍にしてみませんか??

3D刺繍加工はキャップ以外にも、バッグやウェア、ワッペンを作ることも出来ます。

気になる方は、お気軽にお問合せください。

オリジナル3D刺繍についてはこちら

CONTACT刺繍ファクトリーへのお問い合わせはこちら

株式会社オーキッド

Tel.087-868-3600受付時間
8:30〜18:00(月〜金)

Fax.087-869-8008※24時間受付

Mail.

※迷惑メール防止の為、画像になっております。
ご理解くださいませ。

〒761-0303
 香川県高松市六条町1122-3

参加団体
公益社団法人 高松青年会議所
香川県中小企業家同友会
香川県デザイン協会
日本ジャガード刺繍工業組合
香川県商工会
(社)香川県法人会
高松空港ライオンズクラブ